へんしんバイクってなに?特徴やおすすめポイント

へんしんバイクってなに?特徴やおすすめポイント

子供

へんしんバイクとは?

ペダルの取り外しが可能になっている子供向け自転車のことを指しています。初めはペダルがない状態でのり、自転車にのる感覚を覚えます。その後にペダルを取り付けることで、自然と乗れてしまうのです。昔必死に練習した自転車が30分で乗れてしまうと話題になっている商品です。

子供

なんと対象年齢が3歳

小学生でも自転車に乗れないという子はたくさんいます。大人になってもちょくちょく見かけますが、3歳から自転車に乗ることができてしまうのです。へんしんバイクを製造しているメーカーが作っているへんしんバイクSというモデルだと、対象年齢が2歳になっています。返信バイクを少し小さくしたような造りになっています。ここからは、よくへんしんバイクと比較されているストライダーについて確認していきましょう。

ストライダーとへんしんバイクの比較

ストライダーの特徴

ストライダーはペダルもブレーキもついていない自転車で、自転車に乗るという感覚を鍛えることができます。値段も1万2000円ほどで販売されています。とても軽く小さいので、持ち運びが楽ですが、ペダルを付けることができないので、完全に自転車に乗れるようになるためには、他のペダル付き自転車を購入しなければいけません。

へんしんバイクの特徴

値段は1万5000円とスライダーより少しだけ高いですが、ペダルの取り外しが可能になっているので、スライダーのように別の自転車を購入しなくても大丈夫です。また、ブレーキもついているので、普通の自転車と変わらない装備が揃っています。対象年齢も3歳~6歳とスライダーより広くなっています。